TOPリンク≫【石川】
手織りのリンク【石川】
石川
石川県の染といえば、「加賀友禅」
加賀百万石といわれた前田家の文化的な趣味を強く反映しおり、
加賀五彩といわれる藍、臙脂、黄土、草、古代紫を基調とします。
織では、釘に引っ掛けても破れないと言われている、玉繭から直接糸を引く「牛首紬」
生産地である石川県白山市・白峰の旧名(牛首村)に由来して名が付けられています。
また、崇神天皇の皇女が現在の中能登町能登部下に滞在した際、
この地に機織りを教えたことが始まりと伝えられている「能登上布」もあります。


金沢美術工芸大学 工芸 【金沢美術工芸大学 工芸】
金沢美術工芸大学の工芸科。
陶磁、漆・木工、金工(鋳金・彫鍛金)、染織の四コースがあります。
初期は創造と基礎を学習し、その後、専門分野に分かれ技術を深め、独自の作品を制作していきます。
金沢湯涌創作の森 【金沢湯涌創作の森】
古民家を利用した工房や宿泊施設が点在している「湯涌創作の森」
染織工房は1階が染場、2階が織場となっています。
織機は初心者でも楽しめる卓上のものから、本格的な作品制作に対応した大型のものまであり、バリエーション豊かな織物の制作が楽しめます。
手織り体験が出来ます。詳しくはHPを参照。

















ご注文フォーム